オリックス頓宮がプロ1号、ラオウ杉本と連続アーチ

<オリックス3-7日本ハム>◇18日◇ほっともっと神戸

オリックスの新人・頓宮裕真内野手(22)と、ラオウこと杉本裕太郎外野手(28)が連続アーチを放った。

4点を追う7回、1死二塁から日本ハム加藤のスライダーをとらえ、左翼席へ運ぶプロ初本塁打となる2ラン。頓宮は「少し上がりすぎてしまったと思いましたが、うまく風に乗ってくれました。プロ初ホームランを打ててよかったです」と喜んだ。さらに後藤の代打で登場した杉本は、代わった浦野のフォークをライナーで左翼ポール際へたたき込む3号ソロ。代打では自身初の本塁打となった。杉本は「追い込まれていたのでなんとか粘ろうと思っていましたが、甘く入ってきた変化球をしっかりとたたくことができました」と満足げ。プロでは通算8安打目だが、6本塁打を含めそのすべてが長打というすさまじさ。覇王ぶりを、この日も見せつけた。

その他の写真

  • オリックス対日本ハム 7回裏オリックス1死、杉本は左越本塁打を放つ(撮影・佐藤翔太)