原監督4度目完封負けに「進塁打というものがない」

<巨人0-3DeNA>◇25日◇東京ドーム

巨人が好機の芽を生かせず散発3安打、今季4度目の完封負けを喫した。

2、4、7回と無死二塁の場面をつくるも、後続が凡退。原辰徳監督は「ノーアウト、ランナーセカンドという、3回シチュエーションあったけど、進塁打というものがない状態で、というところでしょう」と指摘した。6カードぶりの負け越しで、24日にともした優勝マジックは20のままとなった。

その他の写真

  • 巨人対DeNA 投手交代を告げ厳しい表情でベンチに戻る巨人原監督(撮影・足立雅史)
  • 巨人対DeNA 9回、得点が奪えず浮かない表情の巨人原監督(右端)ら(撮影・足立雅史)