ソフトバンク高橋純平、頭部への死球で危険球退場

<ロッテ4-3ソフトバンク>◇25日◇ZOZOマリン

ソフトバンク高橋純平投手が7回、ロッテ中村奨の頭部へ死球を与え危険球退場となった。カウント2-2からの10球目が高めに抜けた。

高橋純はすぐに帽子を取り謝罪。審判団から危険球退場を宣告された後もロッテベンチへ頭を下げて戻っていった。甲斐野が緊急登板し、中村奨もそのまま一塁走者として出場を続けた。

その他の写真

  • ロッテ対ソフトバンク 7回裏ロッテ無死、頭部に死球を受ける中村奨。捕手高谷(撮影・中島郁夫)
  • ロッテ対ソフトバンク 力投するソフトバンク高橋純(撮影・中島郁夫)