原監督M4足踏み「悔い残る球かな」被弾田口に苦言

<中日3-1巨人>◇18日◇ナゴヤドーム

巨人は先発高橋優貴投手が6回まで無安打と好投したが、初安打を許した7回に逆転され、マジック4で足踏みとなった。

坂本勇人内野手を欠く打線は9安打を放ちながら1点止まり。原監督は「(高橋は)非常にいいピッチングでした。ちょっと打線が湿っているね」と言った。

敗れはしたが、菅野を腰痛で欠くなど先発不足に陥るチームにとって、ルーキーの成長は明るい材料。コントロールが安定し、直球が走ることで、低めに沈む決め球スクリューが生きた。「マジック4になって勝ちを意識した中で、こういう投球ができたのは良かった」と手応えがあった。

1点リードの7回に1死二、三塁とピンチを招いた場面で降板すると、2番手大竹がマウンドに上がった。ここでチームは定位置の守備位置を選択。大竹は遊ゴロに打ち取ったが同点とされ、続く田口が決勝2ランを許した。原監督は「あのケースで、ワンチャンスで前進守備で逆転を許すというのはね。あそこは1点、同点止まりと。うまい具合に内野ゴロ打たせてくれた」と狙いを説明。ただ直後の2ランには「本人の中では悔いの残るボールではないかな」と反省を促した。

その他の写真

  • 7回裏中日2死二塁、田口は大島に右越え勝ち越し2点本塁打を浴び、痛恨の表情(撮影・前岡正明)