阪神ジョンソンが帰国「最高でした」去就は明かさず

阪神ピアース・ジョンソン投手(28)が14日、米国へ帰国した。都内で取材に応じ、初めて日本で過ごしたシーズンに「本当に今年の1年は、自分の今までの野球人生の中で、一番楽しかった1年と言えると思う」と笑顔で振り返った。

レギュラーシーズンで58試合に登板し防御率1・38。リーグ2位の42ホールドポイントを挙げた。夫人の出産で一時帰国していたこともあり、CSでの登板機会はなかったが、チームの勝利に大きく貢献した。来日1年目ながら成績を残せた理由に、メジャーの時と比べしっかりストライクを投げられたと話し「自分自身、全く言葉も通じない新しい環境に飛び込んだことで、より自分自身を見直して、練習だったり取り組みをしっかりと見直したところが大きいのかなと思う」と分析した。

またもう1つの理由にバックで守った野手陣、バッテリーを組んだ梅野の名前を挙げた。「特に梅野君は本当に、皆さんが思ってる以上に評価されるべきというか、本当に彼が成しえたことは、本当に素晴らしいことだと思う」と、投手をリズムよく投げさせる技術、何度も盗塁を阻止した「梅ちゃんバズーカ」を絶賛した。

来季の去就については「まだ来年のことは具体的に何も決まってないので、何も言えないです」としたが、「本当にチームメートといる時間が楽しくて、それが一番思い出に残っている」と充実した時間を過ごした様子。グラウンド外では大阪城や姫路城、松山城といった城や寺院などにも足を運び、と日本の文化にも積極的に触れたという。

そして、大きな声援を送り続けた阪神ファンには「最高でしたね。あんな応援の中で野球出来るって本当に幸せ」と感謝。来季も阪神のユニホームを着た助っ人が見たい。

その他の写真

  • 帰国前、都内のホテルで会見するピアース・ジョンソン(撮影・奥田泰也)