巨人2位 JR東日本・太田に挨拶、目標は菅野

巨人ドラフト2位指名のJR東日本・太田龍投手(21)が23日、都内の同社東京支社で長谷川スカウト部長、織田スカウトから指名あいさつを受けた。

冒頭に原監督の直筆サイン入りのドラフト会議IDを受け取り「本当に原監督のサインなのかなと…。信じられないです」と驚きながらもプロ野球選手への扉を開いたことを実感。鹿児島・薩摩川内市出身の右腕は「小さい頃からテレビで見ていた球団なので、指名されてすごくうれしかったです」と喜んだ。

190センチ、93キロと恵まれた体格から繰り出される、角度のある最速153キロの直球が持ち味。カットボール、ツーシーム、カーブ、チェンジアップを操る。鹿児島・れいめい高時代は都城(宮崎)からオリックスの山本由伸、九州産からヤクルトの梅野雄吾、福岡大大濠から阪神の浜地真澄とともに「九州四天王」として注目を浴びた。JR東日本では、18年の都市対抗野球で新人賞に値する若獅子賞を受賞した。

目標の投手はこの日日本シリーズ第4戦に先発する巨人菅野。「巨人のエースでもある菅野選手のように、日本を代表する投手になりたいなと思います」と大きな夢を描いた。

その他の写真

  • 巨人ドラフト2位のJR東日本・太田(中央)は長谷川スカウト部長(左)、織田スカウト(右)とともに、「開幕一軍」と目標を書いた色紙を手に記念撮影をする(撮影・桑原幹久)