阪神梅野「出来るよう」来季へバント、バスター準備

3カ所で行われたフリー打撃で、阪神梅野隆太郎捕手は打撃マシンが投げる球の半数以上をバントやバスターの構えで打った。

「来年はどんな作戦になるか分からないから、ちゃんと出来るように準備しておく」と実戦を意識した練習を行っている。このフリー打撃では右方向への打球は、83スイング中わずか3球。左中間へ強い打球を打つことも意識している。

その他の写真

  • ティー打撃を行う梅野、午後1時42分(撮影・前岡正明)