巨人山口ハワイで居残り、トレ続けメジャー吉報待つ

ポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指す巨人山口俊投手が“居残り”で吉報を待つ。

ハワイ優勝旅行は15日(日本時間16日)に帰国予定だが、トレーニングを続けながら26日(同27日)まで滞在する。「16日から練習をして、ハワイにいる間に決まれば現地に行くこともある」とメジャー球を持ち込み、着々と準備を進める。

タフネスが売りな右腕らしく、オフに入っても無休を貫く。旅行中も「ウエート、ランニングとかは継続してやっている。まだオフとは思っていない」と来季に向けて時間を有効に活用。すでに獲得に乗り出しているレンジャーズなど複数球団との交渉は今後、さらに本格化していく。「あまり気にしていない。自分がどうすることもできないことなので。決まるときは決まるし、ダメなときはダメ」とどっしり構える。

交渉期限は来年1月2日午後5時(日本時間同3日午前7時)。どすこい右腕が常夏の島から米国本土へ進出する。(ホノルル=為田聡史)

その他の写真

  • 優勝旅行先の米ハワイでゴルフを楽しむ巨人の山口俊投手(共同)