内川、今宮らソフトバンク中心選手にそろう大分出身

  • ソフトバンク内川聖一(2019年10月19日撮影)

九州出身選手がソフトバンクには多く所属。特に大分には中心選手がそろう。

まずは復活を期すベテラン内川聖一だ。昨季は打率2割5分6厘と打撃職人としては不本意な成績に終わり、オフはほぼ無休で巻き返しに向け取り組んでいる。「自分で自分が楽しみだなと思う。24時間じゃ足りないくらい。ワクワクしてますよ」と手ごたえを感じている。

遊撃の今宮健太は打撃力向上に取り組み、正捕手に成長した甲斐拓也は背番号を「19」に変更して全試合出場を目標に挑む。3人以外にも笠谷俊介ら若手選手も力を伸ばしている。

そのほか長崎にはベテラン川島慶三、成長中の釜元豪。熊本は先発ローテ入りを狙う左腕大竹耕太郎らがいる。宮崎は武田翔太、加治屋蓮ら。沖縄は嘉弥真新也、東浜巨の生まれ故郷だ。オール九州の力を結集し、ソフトバンク球団誕生15周年のシーズンを盛り上げていく。