阪神守屋「遠征中にグローブ壊されたり…」一問一答

  • 一連の問題について会見の中で頭を下げる守屋(撮影・前岡正明)
  • 一連の問題について会見場に入る守屋(撮影・前岡正明)

阪神守屋功輝投手(26)が23日、兵庫・西宮市内で緊急会見を行った。守屋は妻を殴ってケガをさせたとして、20日付で傷害容疑で書類送検されていた。一問一答は以下の通り。

  ◇    ◇    ◇

(会見の冒頭で)

守屋 本日は私事でお集まりいただき、ありがとうございます。また、大変お騒がせをし、応援してくださっているファンの方々、チームメートや関係者のみなさまに多大なるご迷惑とご心配をかけてしまい、申し訳ございません。週刊誌の件につきましては事実と異なることが多く、今後につきましては弁護士と話し合いをし、法的措置を取ることも検討しております。また、球団の方からは「他の選手と同様にキャンプインしていい」と言ってくださったので、そこはしっかり感謝の気持ちを持って、チームに貢献できるように今日から取り組んで行こうと思っております。

-一部報道ではDVやモラハラが。自身の認識は

守屋 夫婦げんかが日常茶飯事に起きてまして、妻の方から暴れだして、ひっかかれたりとかそういうことを止めるために手首を持っていたことはあります。持った上でもまだやろうとするというのがあって、ああいった写真の内出血になったんだと思います。

-守屋選手自身も日常的に暴力や暴言を受けていた

守屋 けんかは日常茶飯事に起きていて、何か妻が思い出すと引っ張ってきて手をあげられたりとか、遠征中はグローブとか通勤で使用しているリュックを壊されたりして。結構、精神的にきつかったというのはあります。

-守屋選手自身が被害届を出さなかった理由は

守屋 やっぱり夫婦のことですので、そんなことで被害届を出すのは人としてありえないと思っていまして。それでしなかったというのが一番です。

-相手は被害届を出した

守屋 12月中、協議離婚に向けた話をお互い弁護士をつけた上でして、そこで円満に協議離婚の話し合いをしている中で、急に警察の方から電話が入り、被害届が出されているという事実を知って、そういうこともあって、話が決別してしまったというのはあります。

-どのように(今後を)見守るのか

守屋 ぼくはあったことを話すだけで、真実を明らかにしたいというか。そういうとこです。

-キャンプに向けて

守屋 今回のことで本当にいろんな方々にご心配というかお騒がせをしてしまったので、そこを重く受け止めて、その分しっかりチームに貢献できるように取り組んでいきたいと思います。

◆守屋功輝(もりや・こうき)1993年(平5)11月25日生まれ、岡山県出身。倉敷工-ホンダ鈴鹿を経て14年ドラフト4位で阪神入り。昨季は中継ぎとして、チームでは島本、ジョンソンに次ぐ自己最多の57試合に登板。入団4年間で合計9試合登板だった右腕が、一気にブレークした。184センチ、88キロ。右投げ右打ち。