リハビリ高橋礼ネットスロー「徐々にやっていく」

左太もも裏を痛めてリハビリ組で調整するソフトバンク高橋礼投手がこの日、室内練習場でネットスローを行った。患部を確認するように30球を投げた。

「ボールを握るのはケガをしてから初めて。いきなり負荷をかけるといけないので徐々にやっていこうと思う」。昨年はプロ2年目で12勝をマーク。新人王に輝いた。今季の開幕ローテ入りは厳しいものの、着実に段階を踏んで調整を続けるつもりだ。