広島ドラ1森下 OP戦へ「持っている力出せれば」

  • キャッチボールする広島森下(撮影・栗木一考

広島のドラフト1位森下暢仁投手(22=明大)が21日、沖縄・コザしんきんスタジアムで休日返上で体を動かした。

約50メートルの距離でキャッチボールを行い、先発予定の22日ヤクルトとのオープン戦に備えた。森下は「初めての対外試合なので、しっかり結果を残すことと、あとは今できることを自分の持っている力を出せればいいかなと思います」と意気込んだ。