オリックス西村監督「全体的に良い」シート打撃結果

  • シート打撃で四球を選ぶジョーンズ(撮影・前田充)

オリックスは29日、京セラドーム大阪で全体練習を行い、実戦的なシート打撃を行った。登板投手と対戦打者の結果は以下の通り。

◆投手荒西

《1回》

福田 空振り三振

安達 見逃し三振

吉田正 中前打

ジョーンズ 左飛

《2回》

モヤ 右翼線二塁打

宗 一ゴロ

松井雅 見逃し三振

勝俣 見逃し三振

◆投手田嶋

《1回》

飯田 空振り三振

福田 左前打

安達 空振り三振

吉田正 右前打

ジョーンズ 四球

モヤ 二ゴロ

《2回》

山崎勝 四球

宜保 三ゴロ

中川 空振り三振

◆投手村西

《1回》

ロドリゲス 中飛

松井佑 右前打

小田 三ゴロ

大城 空振り三振

《2回》

西村 遊安

松井雅 右翼線適時二塁打

宜保 三振(3バント失敗)

中川 二飛

ロドリゲス 空振り三振

松井佑 見逃し三振

※カウント1-1からスタート

西村徳文監督(60)は「投手は久しぶり。荒西、田嶋、村西の先発は結構、いい球を投げていた。最初に投げた荒西がすごく良かった。力強い球を投げていたんじゃないかな。全体的にみんな良かったんじゃないかなと思います」と評価していた。4月24日を想定する開幕ローテーション争いは激化する一方だ。