西武3点ビハインドで降雨中止「プラスにとらえる」

  • ロッテ対西武 4回裏の途中で悪天候で中断となりベンチへ引き揚げるロッテナイン(撮影・滝沢徹郎)

<ロッテ-西武>◇9日◇メットライフドーム

降雨のため4回途中に中止となった。3点を奪われ、序盤から追う展開だった西武にとって恵みの雨となった。先発の本田圭佑投手が失策絡みで2回に先制点を献上すると、3回には3者連続二塁打で2点失った。

本田にとって、ZOZOマリンは昨季2戦2勝防御率0の場所だった。初失点に加え、初黒星の立ち上がりも激しさを増す雨によって流された。辻発彦監督は「負けが消えたとプラスにとらえて、明日からまた頑張るしかない」と受け止めた。