日本ハムがサヨナラ負け「全てひっくるめ」反撃期す

  • オリックス対日本ハム 8回裏オリックス1死二、三塁、大城の打球をダイビングキャッチした近藤は、すぐさま二塁に送球し飛び出した二塁走者をアウトにする(撮影・黒川智章)
  • オリックス対日本ハム 9回裏オリックス2死一、二塁、左越えサヨナラ3点本塁打を放ち喜ぶロドリゲスとナインとファン(撮影・前岡正明)
  • オリックス対日本ハム 9回、秋吉を告げる栗山監督(撮影・前岡正明)
  • オリックス対日本ハム 9回裏オリックス2死一、二塁、サヨナラ3点本塁打を放ったロドリゲス(中央)を出迎えるナイン(撮影・黒川智章)

<オリックス4-3日本ハム>◇10日◇京セラドーム大阪

日本ハムがオリックス4回戦(京セラドーム大阪)で痛恨のサヨナラ負けを喫した。2点リードの9回2死一、二塁。守護神の秋吉がロドリゲスに左翼へ逆転サヨナラ本塁打を浴びた。低めに制球した変化球だったが、強烈なパワーによる低い弾道で運ばれた。栗山監督は「全てひっくるめて、明日から頑張ります」と短い言葉に悔しさを込め、衝撃的な幕切れを受け止めるしかなかった。

嫌な流れは、8回から始まった。セットアッパー宮西が1死二、三塁のピンチを背負うと、ビヤヌエバの失策で1点を返された。直後に飛び出した近藤の勇気あるチャージによる好プレーで、その後の失点は食い止めたが、勝利の女神は振り向いていなかった。9回の攻撃で追加点を奪えず、その裏は2死無走者からの悲劇が待っていた。

必勝を期した試合は、勝利への道筋を進んでいたはずだった。エース有原が7回無失点と好投。打線も2回に先制し、6回にはビヤヌエバの移籍後初本塁打で2点を追加。盤石の展開で迎えた試合終盤だったが、勝利の方程式が崩れ、チームは今季10敗目となった。有観客初戦は悔しすぎる黒星となったが、「お客さんに、こうやって来てもらって本当に感謝しています」と試合後、栗山監督は言った。11日もファンの前で野球ができる。やり返してファンに勝利を届けるのみだ。【木下大輔】