日本ハム中田がしびれる勝ち越し犠打、5連敗阻止

  • 日本ハム対ロッテ 8回裏日本ハム1死満塁、右犠飛を放ち手をたたく中田(撮影・黒川智章)
  • 日本ハム対ロッテ 試合終了後、ナインを笑顔で出迎える日本ハム中田(右)(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム6-4ロッテ>◇15日◇札幌ドーム

日本ハム中田翔内野手がしびれる場面で勝ち越しの右犠飛を放ち、連敗に苦しんでいたチームを勝利に導いた。4-4で迎えた8回1死満塁で、6番手小野の5球目を振り抜いた。右翼フェンスギリギリまで飛ばす当たりで、欲しかった1点をもぎ取った。

1回には先制の適時打を放ってチームに元気を与えていた。1回1死二、三塁で小島の初球を中前へはじき返す一打。先発のマルティネスを援護したいと「投手のために必ず先制点を取りたいという気持ちで打席に入りました」。2点を先取して「前のバッターが初回からいい形でチャンスを作ってくれたので、しっかりと返すことができてよかったです」と喜んだ。

チームは今季初の4連敗と苦しみを味わっていたが本拠地で連敗を止めた。4番のバットが記録したこの日の3打点は、間違いなくチームを救った。