日本ハム・ビヤヌエバ抹消 自打球で左足打撲と診断

日本ハムのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(29)が30日、左足の打撲で出場選手登録を抹消された。

前日29日オリックス戦(札幌ドーム)の6回無死一塁の第3打席で、ファウルした際に自打球が左足甲付近を直撃。トレーナーや通訳が駆け寄り、支えられながらベンチへと退き、代打が送られて途中交代していた。その後札幌市内の病院で精密検査を受け、左足部打撲と診断された。復帰までは10日間の見込み。

この日の試合前、栗山監督は「状況的には俺は少し時間かかると思うので1回抹消する。本当にそんなに長くかからないから、そんなに心配することはないと思うが。本人のためにその方がいいかなと思ってて。こっちは我慢するしかない」と話した。