慶大・瀬戸西が首位死守打「何とかしてやろうと」

  • 慶大対法大 9回表慶大1死一、二塁、瀬戸西(左)は右中間を破る2点適時三塁打を放ちベンチに向かってガッツポーズ(撮影・小沢裕)

<東京6大学野球:慶大4-1法大>◇第6週第1日◇24日◇神宮

慶大・木沢尚文(4年=慶応)法大・鈴木昭汰(4年=常総学院)両投手の投げ合いは、ともに勝ち負けつかず、試合は慶大が逆転勝ち。優勝争いは、慶大、早大の2大学に絞られた。  

   ◇   ◇   ◇

慶大主将の瀬戸西純遊撃手(4年=慶応)が試合を決定づけ、首位を守った。

2-1の9回1死一、二塁で、右中間へ2点適時三塁打。先発野手唯一の4年生は「ここまで3年生以下に頼りっぱなし。何とかしてやろうと。みんな試合で、どんどん成長している。いいお手本になれるよう、声を出しています」と最上級生の責任を口にした。