阪神スアレスがセ1位の23S「自分のすべき仕事」

  • 巨人対阪神 2-1で逃げ切り、ハイタッチするスアレス(右)ら阪神ナイン(撮影・浅見桂子)
  • 9回裏、阪神4番手で登板し試合を締めたスアレス(撮影・前田充)

<巨人1-2阪神>◇24日◇東京ドーム

阪神ロベルト・スアレス投手が盤石の投球でリーグ最多の23セーブを挙げた。

1点リードの9回、中軸相手に登板。坂本を内角158キロ速球で遊ゴロに詰まらせると、岡本には四球で歩かせたが丸を157キロで空振り三振、若林を左飛に仕留めた。難なく強力打線を封じ「1点差の大事な場面だったけど、自分のすべき仕事はこういう場面で抑えること」と頼もしいセリフ。セーブ2位の中日R・マルティネスとの差を2に広げた。