舞台雑話

春風亭昇太の結婚 漏洩しない「笑点」側の情報管理

春風亭昇太(59)が6月30日、司会を務める日本テレビ系「笑点」の生放送で、結婚を発表しました。実は2日前に同局側から「笑点」で緊急発表があることが広報されていて、その発表が何なのかで取材に追われました。

結婚相手のイラストを手に会見する春風亭昇太(2019年6月30日撮影)
結婚相手のイラストを手に会見する春風亭昇太(2019年6月30日撮影)

考えたのは、「81歳の林家木久扇の勇退」や、8月に「24時間テレビ」があることから「林家三平のマラソン挑戦」などで、その中には「昇太の結婚」もありました。しかし、しつこく取材する中でも、「分からない」「聞いていない」などと、決定的な情報が出てきませんでした。ふたを開けてみれば、昇太の結婚でしたが、どの社も、スクープ記事として抜くことはできませんでした。

「笑点」で振り返ってみると、桂歌丸さんの司会勇退、昇太の新司会者抜てき、そして昇太に代わって林家三平の加入なども、会見前にスクープされることはありませんでした。それだけ、「笑点」側の情報管理が徹底していることもありますが、当事者である落語家たちの口も意外と固いこともあります。

今回の昇太の結婚でも、実は弟子たちはまったく知りませんでした。発表直後の弟子たちのツイッターは大混乱。昇吉は「弟子にナイショで師匠が結婚した。闇結婚だ」と嘆きました。それは歌丸さんが司会を勇退した時と同じでした。弟子たちが勇退を知ったのは、歌丸さんが会見で発表した後でした。

その一方で、「笑点」メンバーには、歌丸さんは勇退を、昇太も結婚を、発表前に報告していました。それでも、事前に外部にもれることはありませんでした。それだけ「笑点」メンバーの結束力は固いのでしょう。

結婚発表の3日前に、昇太は三遊亭小遊三とともに落語芸術協会会長就任の会見を行いました。最後の方で、昇太へのお約束とも言える「嫁取り」質問が出て、昇太は「人生は勢いなので、この波に乗っていきたい。僕の一番の問題は伴侶がいないこと。解決をいち早く図っていきたい」と即答しました。そこで、小遊三が「あてはあるのか?」と聞き、昇太が黙り込んでしまう場面がありました。

その黙り込みに、多くの記者は昇太に特定の相手はまだいないと思い込んだことでしょう。その時には小遊三は昇太が結婚することを知っていました。もし、取材陣をあざむくための「あてはあるのか?」だったとしたら、何とも見事なアシストと言えるでしょう。【林尚之】

華やかな舞台、輝く役者。夢の世界であると同時に、そこには舞台裏とさまざまな人間模様もあります。演劇、演芸について、林尚之記者がさまざまな切り口から伝えます。あなたも、演劇の世界がきっと好きになります。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング