渡辺孝行の顔パーツ占い

情薄い天才肌?の大統領が導くブラジルの未来は

<顔パーツ占い>

今回はコロナウイルスの感染爆発により「新たな震源地」になってしまったブラジルのボルソナロ大統領を見ていきます。

ブラジルのボルソナロ大統領
ブラジルのボルソナロ大統領

目鼻口の顔パーツにはそれぞれ下記のような特徴&性質を持つパーツを持っておられます。

◆「全体に丸めで、黒目が小さくギョロッとした印象の目=パワフルな唯我独尊タイプ」 非常に自信があり、意思や感情をむき出しにするタイプ。その自信で多くの人を導くが、時にそれはワガママに映る事も。チャレンジ精神が旺盛で一度やりたいと決めたらやりきるまで執着するタイプ。

◆「平均的でこれと言った特徴のない鼻=冷静沈着な司会者タイプ」 周囲を俯瞰(ふかん)的に見る事ができ、その場に応じて的確な立ち位置を築けるタイプ。非常に論理的でズバリと言い過ぎてしまう面があり、時に相手を傷つけてしまう事もありそう。理屈っぽくなりがち。

◆「唇が薄く、横に広い一文字の口=わが道をゆく憧れの先輩タイプ」 薄い唇の人は他人への興味が低く、人の目を気にしないことが多いです。また、自意識も強く、自らの意見を曲げないタイプでもあります。周囲からは天才肌とも見られます。情には薄いです。

全体的にまとめると、自信家でわが道を行くタイプの相だと言えます。まさに、現在のブラジルのコロナ対策にも如実に出ていますね。しかし、鼻には周囲との距離をうまく保つ相も出ているので、独自路線で進みつつもうまい具合にこれまではやってくることができたのだと思いますが、現在のブラジルの状況を見ると、今回ばかりは厳しいような気もしますね。

おそらく、今回のコロナに対する強硬な施策は、世界がロックダウンや経済活動を自粛して疲弊していく中、強行的に経済を止めずにいち早く集団免疫を得て、世界のトップでコロナを退けようとする考えからだと思いますが、果たしてこの施策は吉と出るのか凶と出るのか、誰もわかりません。

しかしながら、ブラジルにこの大統領が就いている限りは、他国とは違う路線を走り続けるのは間違いないでしょう。いずれにせよ、世界各国が一致団結してワクチンを完成させて、早くコロナを克服する瞬間が来て欲しいものです。

◆渡辺孝行(わたなべ・たかゆき) 1981年、福島県生まれ。カリカチュア・アーティスト、顔パーツ研究家として活動。カリカチュア似顔絵世界大会でアジア人初の総合優勝。12年で7万人以上の人物を描いた経験から、顔の特徴と性格や職業を統計学的にまとめた独自の顔相診断「顔パーツ占い」を考案、クチコミで当たると話題に。日刊スポーツ本紙でもハリルホジッチ監督やサッカー・野球選手の絵や顔占いでお馴染み。公式ブログはhttp://ameblo.jp/takayuki-watanabe1130/

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング