武田アナ紅白総合司会、東京五輪へ有働アナから変更

 大みそかの第67回NHK紅白歌合戦(午後7時15分開始)の出演者発表会見が24日、都内の同局で行われた。総合司会は同局武田真一アナウンサー(49)が務める。

 初の総合司会を務める武田真一キャスターは「ニュース7」を担当している。「紅白自体がニュースと感じる。紅白の合間のニュースではなく総合司会」と笑わせた。おもに報道番組を担当してきたため歌番組司会は初。「初めての舞台が紅白で緊張しています。情熱と真心を込めて届けたい」。出身地熊本は震災に見舞われた。「被災地の方に元気や勇気を届けたい」と話した。同局は「ニュースの現場でライブでコメントを届けるすごいアナ。紅白もライブ感を大事にしたい」と起用理由を説明した。

 武田アナは昨年、紅白直前の午後7時と合間の同8時55分のニュースを担当。今年は報道スタジオからNHKホールに舞台を移す。後輩アナからは面倒見がよく人情派という声も。一方、12年から4年連続総合司会を務めた有働由美子アナからの変更に同局は「東京五輪に向けて新しい紅白の4カ年計画のスタートの年。切り替えた」と説明した。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング