フィフィ2歳児発見の過剰報道「感動ポルノ」違和感

 タレントのフィフィ(42)が、山口県周防大島町で行方不明になり無事発見された藤本理稀ちゃん(2)をめぐる一部の過剰な報道を「感動ポルノ」と表現し、違和感を示した。

 母親の藤本美緒さんは20日、退院した理稀ちゃんを抱いて報道陣の取材に対応したが、フィフィは22日更新のツイッターで「昨日2歳児を抱いた母親が短くマスコミに応じていましたが、なんとか見出しになるようなこと言わせたい、男児の顔を撮りたいという会見に違和感を覚えました」とした。

 さらに、理稀ちゃんを発見して保護したボランティアの尾畠春夫さん(78)を追いかけ続けるマスコミについても「発見したボランティアの方にも男児に会いたいかなんて聞きに行ったり、そこまでして作る感動ポルノに酔いしれたい人達がどれだけいるだろう」と疑問を呈した。