本名「和令」のカズレーザー「両親親族に先ず感謝」

新元号「令和」決定を受け、本名が金子和令(かねこ・かずのり)のメイプル超合金カズレーザー(34)は1日、ツイッターを更新した。

「ありがたい名をつけてくれた両親親族に、先ず感謝いたします。まもなく訪れる『令和』の時代、日本の益々の弥栄を祈念すると共に、今上天皇皇后両陛下と共にすごすことのできる残りの平成の世が、明るく平穏であることを心よりお祈り申し上げます」とコメント。「一生に一度有るか無いか、多分無いであろうニアピン」として、「和令」の額を持つ写真を掲載した。

カズレーザーは本名の読み替えと、仮面ライダーV3に登場した怪人「カニレーザー」から命名した。

元号決定直後にも「びっくりしました」と反応。そのツイートは約6時間でリツイートは2万に迫り、「いいね」は、3万6000を超えた。「新時代をひっくり返した男」「カズレーザー元年おめでとうございます!」「これからはカズレイワー」「政治家になりましょ」など、コメントも多数寄せられた。

相方の安藤なつも「令和 和令 え、すご」とツイートした。こちらも本名が安藤和代で「和」が入るおまけ付き。芸能界でも先頭を切って、新元号効果が現れた。

 

◆カズレーザー 1984年(昭59)7月4日、埼玉県加須市生まれ。同志社大商学部卒業後、サンミュージックのお笑い養成所「TOKYO☆笑BIZ」を経て、12年にメイプル超合金を結成し、15年「M-1グランプリ」で決勝進出。翌16年にブレークし、頭脳を生かしてクイズ番組などにも出演。寺沢武一氏の漫画「コブラ」の主人公コブラに憧れ、高校時代から金髪に赤い服を着ていた。身長180センチ。血液型O。