三浦貴大「複雑な役」NHKいだてんで野田一雄役

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の新たな出演者発表会見が24日、都内で行われ、第25回の後半から主人公となる田畑政治を演じる阿部サダヲ(49)とともに出演する斎藤工(37)林遣都(28)上白石萌歌(19)ら新出演者7人が発表された。64年の東京五輪招致に尽力した田畑を中心に、水泳で世界に挑む仲間たちを演じる。

ロス五輪コーチの野田一雄役の三浦貴大(33)は「若いうちに引退させられてしまう複雑な役。でも、助監督として選手団を率いる。僕は体育の大学に行っていたので、うれしい。これで水泳をする人が増えてくれれば」と話した。

斎藤はアムステルダム五輪銅メダルの日本水泳界のスター高石勝男役。林はロス五輪銅メダルの大横田勉、上白石はロス五輪銀メダル、ベルリン五輪金メダルの前畑秀子を演じる。

他にトータス松本(52)がNHKスポーツ実況アナの河西三省、大東駿介(33)が日本人初の五輪連覇を達成した鶴田義行役。皆川猿時(48)がロスとベルリン五輪の松沢一鶴監督を演じる。

林は次期連続テレビ小説「スカーレット」(9月30日スタート、月~土曜午前8時)に、戸田恵梨香が演じる主人公の幼なじみとしても出演する。大河と朝ドラの掛け持ち出演は異例。

その他の写真

  • 「いだてん」出演者発表であいさつする上白石萌歌(左から2人目)。左からトータス松本、1人おいて三浦貴大、阿部サダヲ(撮影・林敏行)