三吉彩花「頑張ってよかった」ダンス250時間特訓

三吉彩花(23)が18日、都内で主演映画「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、8月16日公開)のジャパンプレミア試写会に出席した。

妻夫木聡主演「ウォーターボーイズ」、綾瀬はるか主演「ハッピーフライト」などを手掛けた矢口監督による初のミュージカルコメディー。三吉演じる、音楽を聞くと体が勝手に踊りだしてしまう催眠術にかけられたOL・鈴木静香のドタバタ劇を描く。

出演者は山本リンダの「狙いうち」が流れる中、踊りながら登場。客席通路で決めポーズを取ると、会場の拍手を浴びた。ダンスを終えてステージに上がった三吉は「踊って息が上がってしゃべりづらいですけど、この日迎えられてうれしく思います」と笑顔であいさつ。劇中の歌やダンスは吹き替えなしで、250時間の猛特訓を積んだ。「全て大変だったような気がします。プレッシャーを感じたり、スキルが全然追いついていないと葛藤しながらやっていました。準備期間はハードだったけど、いろんな方に評価してもらって自信に変わった実感がある。頑張ってよかったです」と充実感をにじませた。

三吉と動きを共にする役どころのやしろ優(32)は、監督から「『スター・ウォーズ』のC-3PO(三吉)とR2-D2(やしろ)をイメージして」とオファー理由を聞かされ、「そんなデコボコしてます?」と不満げ。劇中で生タマネギを丸かじりするシーンでは実際に催眠術をかけられていると明かし、「甘いリンゴになりました。笑っていただきたいです」と話した。

シンガー・ソングライターのchay(28)は今作が演技初挑戦。劇中でもミュージシャンを演じ「路上ライブをしていたので、演じるというよりは懐かしいという感じでした」と振り返った。

三浦貴大(33)ムロツヨシ(43)宝田明(85)矢口監督も出席した。

その他の写真

  • 映画「ダンスウィズミー」ジャパンプレミア試写会に出席した、左から矢口史靖監督、ムロツヨシ、chay、三吉彩花、やしろ優、三浦貴大、宝田明(撮影・遠藤尚子)