岡本社長「ひっくり返せない」は「パニックから」

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、都内で、宮迫博之(49)田村亮(47)らによる反社会勢力を相手にした闇営業問題に端を発した一連の騒動について、記者会見を開いた。

宮迫・亮会見で明らかになった「いまさらひっくり返せない」発言について、藤原寛副社長は「当初と全く違うことになり慌てた」とし、「幕引きはしっかり事実確認をしてからということになっていた。隠蔽(いんぺい)するという感覚はなかった」と説明した。

岡本社長は「放送局はじめ関係各所に説明していたのが全く変わっているので、どうするんだと。その衝撃は相当なものだった。『ひっくり返せない』はパニックから出た言葉です」と話した。

その他の写真

  • 記者からの質問に応える吉本興業の藤原寛副社長(撮影・横山健太)