岡本社長「至らぬ点」宮迫と面会拒否 一問一答7

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が、雨上がり決死隊宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らによる詐欺グループを相手にした闇営業問題などについて22日、都内で記者会見を行った。

◇一問一答その7◇

-Q&Aの練習の意図は

岡本社長 その時点で弁護士さんとの向き合いのところだと思うのですけど、こちらのとか、そういうのは全くなくて。彼らが記者会見を開くにあたって、スタッフがどういう形で何をやっていくかというのが、こちら側とかあちら側とかないのですけど、僕らとしてはこっちのQ&Aとかないですね。

-宮迫は会社主導の記者会見と語っていたが、誤解があったのか

岡本社長 そうですね。我々としてはすれ違いと言いますが、我々が寄り添えなかったと言うことだと思います。

-宮迫に自由に表現してもらっては困るからだったのでは

岡本社長 会社のことで隠す事というようなことは全くないです。直接の仕事でこういう形になっているということで、何か、その中で、会社以外のことで言ってまずいことや、謝り方をどうするかとか、そういうところが彼らに伝えきれなかったことは残念です。

-宮迫以外が今後、メッセージの発信や会見をしたいと言われたら

岡本社長 すでにメッセージを出したいという子もいます。伝えたいことがある子たちに関しては速やかにやっていきたいと思います。

-宮迫たちが弁護士をたてたことでコミュニケーションが取れなくなったのか

岡本社長 僕らが彼らと話をしている中で、会見をやろうとなったときに、彼らから俯瞰(ふかん)で見ている方がいたら良いなと言うことで、先方に弁護士さんが入られたのですけど、それ以後、弁護士さんとしかなくなってしまったので。僕らとしては不本意だったと思います。

-宮迫が岡本社長に会いたいと言ったが会えなかった

岡本社長 全ては弁護士さんにということがありましたので、そういうことですね。そういう形にしてしまったことは、我々の至らぬ点です。

-会った方が良かったと思っているか

岡本社長 最後に関しては会社で引退会見すると聞きましたのでミーティングの打ち合わせの場所にはおりました。でも、それが遅かったということです。

-吉本興業はファミリーというが、亮さんの発言についてどう思うか

岡本社長 決して、止めたつもりはなかったのですけど、彼らにそこがちゃんと伝えられなかったのが、僕の駄目なところです。

-処分の撤回とは具体的に

岡本社長 亮君に関しては謹慎ということになっていて、彼の方が一方的に契約解除と思っていると言うことなので、それの撤回ということになります。

-亮の当面の謹慎を解くということか

岡本社長 そういうことです。ただ、彼はそう思ってないと思うので。(後に撤回)

-他の処分者たちは

岡本社長 それも含めて、もう1度、テーブルについて話し合うということです。まず、今日、こちらの気持ちをお伝えしたので、これからの話になると思います。

-宮迫は再契約なのか

岡本社長 あくまでこちら側の考え直すということですので、彼らがテーブルについくれればということになります。

その他の写真

  • 資料に目を通す吉本興業の岡本昭彦社長(撮影・横山健太)