ワタナベお笑いNo1審査員に加地P、佐久間宣行氏

大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントの芸人総勢115組212人の中で、1番面白い芸人を決める「AbemaTV presentsワタナベお笑いNo.1決定戦2020決勝」の組み合わせが20日、発表された。

決勝では、出場者12組が4組ずつ3ブロックに分かれ対決し、各ブロックの1位同士が最終決戦で激突する。この日、行われた組み合わせ抽選会では、Aブロックにサンシャイン池崎、我が家、新作のハーモニカ、Gパンパンダ。BブロックにAマッソ、リンダカラー、ロビンソンズ、土佐兄弟。Cブロックには、はなしょー、ゴリゴリ、ロングロング、四千頭身の組み合わせに決定した。2月17日に決勝大会が開催される。

また、決勝の番組MCは、お笑いタレントのふかわりょうとAKB48の柏木由紀が担当。審査員はテレビ朝日で「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」「ロンドンハーツ」などを手掛ける加地倫三氏、テレビ東京で「ゴッドタン」などを手掛ける佐久間宣行氏、NHKの「チコちゃんに叱られる!」などを手掛ける小松純也氏、コンテンツプロデューサー・吉田正樹氏の4名が務める。

同決定戦は、芸歴・知名度を問わず、ワタナベエンターテインメント所属の芸人たちが、優勝賞金100万円と「AbemaTV」の渋谷公開スタジオ「UDAGAWA BASE」での特別番組出演をかけてネタバトルを繰り広げ、同事務所の中で最も面白い芸人を決める大会として開催されている。昨年はお笑いトリオのハナコが大会史上初となる連覇を飾り、大きな注目を集めた。今回、ハナコはエキシビションで登場する。