宍戸錠さん弟分の渡哲也が追悼「マージャン思い出」

  • 「日活スターこの素晴しき仲間たち」前列右から南田洋子、高橋英樹、浅丘ルリ子、小林旭、石原裕次郎、吉永小百合、渡哲也、松原智恵子、宍戸錠、長門裕之=1977年4月20日

映画「渡り鳥」シリーズ「拳銃無頼帖」シリーズなど、数々のシリーズもの映画で人気を博した俳優宍戸錠さんが東京都世田谷区の自宅で亡くなったことが21日、分かった。86歳だった。

大阪府出身。日活ニューフェースの1期生として映画デビューし、若手を多用した同社のアクション映画路線で、小林旭らとともに主力で活躍。主に悪役として欠かせない存在となり、「エースのジョー」と呼ばれて親しまれた。

   ◇   ◇   ◇

俳優渡哲也(78)は65年に、宍戸さんの弟役でデビューしている。訃報に接し、「日活映画『あばれ騎士道』という作品で宍戸錠さんの弟役としてデビューしました。食事に連れていっていただいたり、ご自宅に招待されマージャンやお食事をご一緒したことが良い思い出です。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と悼んだ。ほかにも、宍戸さんとは日本テレビ系「大都会」、テレビ朝日系「西部警察」などで共演している。