退所中居にジャニーズは親心「活動温かく見守って」

ジャニーズ事務所は21日、中居正広(47)の独立を公式サイトで発表し、感謝の意を記した。中居は今後もレギュラー番組を原則そのまま継続する予定で、円満退所になりそうだ。

同事務所はサイトで「このたび、中居正広は2020年3月31日をもちまして、独立することになりました」と報告した。「ジャニーズJr.として入所してからの約34年間、SMAPのメンバー、そしてソロのタレントや俳優としての活動を支えてくださったファンの皆さま、ならびに関係者の皆さまに心より感謝を申し上げます」と記した。

そして「私どもは昨年春より話し合いを重ね、彼の決断を尊重し、これまでの貢献に対する感謝の言葉とともに送り出したいと思います」とし、SMAP解散前後を通じ、国民的アイドルとして活躍した中居本人をねぎらう言葉をおくった。「皆さまにおかれましては、これからの中居正広の活動を温かく見守っていただけますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます」と続け親心もにじませた。

中居は現在、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜午後8時57分)など5本のテレビレギュラー、1本のラジオ番組を抱えている。関係者によると、TBS系「中居くん決めて!」(月曜午後11時56分)のタイトルと内容が変わる予定だが、改編期の4月以降もすべて継続となる見込み。

中居自身、この日の会見で退所後のレギュラー番組について「引き続き」とし、「でも評判が悪ければ終わり、良ければ続ける」と話した。