窪田正孝「エール」第4話作曲の宿題に19・5%

NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜、午前8時)の2日に放送された第4回の平均視聴率が19・5%(関東地区)だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。同作から土曜の内容は1週間を振り返る形となっている。

初回の関東地区の平均視聴率は21・2%だった。

主演は窪田正孝、ヒロインに二階堂ふみ。物語は高校野球の「栄冠は君に輝く」や、阪神タイガース応援歌「六甲おろし」などで知られる数々の名曲を手掛けた作曲家古関裕而氏とその妻をモデルにした、音楽とともに生きた夫婦の物語。

主題歌「星影のエール」をGReeeeNが歌う。朝ドラ初の4K撮影で窪田&二階堂のタイトルバック映像にも、その美しい風景が使われた。

あらすじは、5年生になった裕一(石田星空)は、クラス替えで藤堂先生(森山直太朗)が担任となり喜んだ。ある日、音楽教育に力を入れていた藤堂先生は北原白秋の詩に曲をつける宿題をだした。裕一はクラスメートの佐藤久志(山口太幹)から音楽を聴いているから作曲できると言われ、早速家に戻り三郎(唐沢寿明)と蓄音機で西洋音楽を聴いてイメージを膨らました。翌日には母まさ(菊池桃子)と川俣にある母の実家の権藤家を訪ね、一緒に映画を見た。その帰り教会から流れてくる歌声が気になり向かった。そこで歌う1人の少女と目が合いときめいた。家に戻った裕一は、宿題をしようと机に向かったが、父からもらった作曲入門の本を読むだけで宿題には手を付けず寝た。翌朝、早く起きた裕一は学校に行き、オルガンを弾いたり、昨日の事を思い出しながら宿題の曲を作った、という内容だった。