SEVENTEEN初週1位 BTS以来の30万枚

韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENの日本で2枚目となる最新シングル「舞い落ちる花びら(Fallin’ Flower)」が、発売初週で33・4万枚を売り上げ、13日付オリコン週間シングルランキングで1位を獲得した。

自身初のシングル1位となり、初週での30万枚超えは、BTS(防弾少年団)に続いて、海外アーティストでは2組目となり、1stシングルから2作連続の初週売り上げ20万枚突破は、海外男性アーティストとしては初めてとなった。

同曲は、日本でのシングル作品用に書き下ろされたオリジナル楽曲で、「花」をテーマにした春らしいミディアムチューン。メンバーは「日本の作品として初めてオリコン週間シングルランキングで1位になったというニュースを聞きました。CARAT(SEVENTEENファンのこと)の皆さんをはじめとした、応援してくださる皆さんの温かい愛が、このような結果を残してくれました。心から感謝します。本当にありがとうございました」とコメント。

さらに「僕たちSEVENTEENは、皆さんの健康と安全を願いながら、いつか希望の芽が出て、世界中が笑顔の花で咲き誇る日が来ることを信じ、皆さんにポジティブなエネルギーを与えられるような音楽、パフォーマンスをお届けできるよう努力していきます」と話している。