吉本新喜劇に転身はじめ57歳で第1子「長生きを」

漫才師から吉本新喜劇に転身したはじめ(57)が7日、第1子となる女児が誕生したことをツイッターなどで発表した。

はじめは長女を抱いている写真を投稿。「このたびは57歳でパパになりました。今朝3時11分、元気な女の子が生まれました! 子供のためにも長生きして頑張ります」とつぶやいた。

喜びは、吉本興業のエンタメニュースメディア「ラフ&ピースニュースマガジン」でも発表。「おじいちゃんの歳でパパになります。待ち望んでた子供なんでドキドキワクワクです。子供は最初、アンパンマンを好きになるみたいなんで、アンパンマンに負けないようなパパになります!」とコメントした。

はじめは、15年に16歳下の一般女性と結婚。母子ともに健康だという。