関ジャニ大倉が恐妻家役「M心が…」妻に広瀬アリス

関ジャニ∞の大倉忠義(35)が、来年1月期のフジテレビ系連続ドラマ「知ってるワイフ」(木曜午後10時)に主演することが11日、分かった。大倉が演じるのは結婚生活に悩む2児の父親で恐妻家の銀行員。ヒロイン役の妻を、初共演となる広瀬アリス(25)が演じる。

   ◇   ◇   ◇

大倉が演じるのは、結婚5年目で2児の父親の銀行員・剣崎元春。職場では上司から叱責(しっせき)され、疲れて家に帰ると妻から怒鳴られて「結婚生活、こんなはずじゃなかった。なんで、こんな人と結婚してしまったんだろう…」と悩みを抱える恐妻家だ。

そして、広瀬演じる妻の澪は、家事と2人の子供の育児に追われ、毎日にストレスがマックスの“ワンオペ主婦”。優しかったはずの夫は育児を手伝ってくれずに不満を抱えている。

そんなある日、元春が突然、大学時代にタイムスリップをしてしまう。「過去に戻って選択を変えれば、妻が代わり人生も変わるのでは」という、既婚者なら誰でも思ったこと!? が現実となっていくファンタジーなラブストーリーになっている。

大倉は「最近は映画も舞台も相手役が男性のことが多かったので、女性ともラブストーリーをやっていいんだと思いました。とはいえ、タイムスリップしているので、ただのラブストーリーではないかもしれませんが(笑い)」。怖~い妻を演じる広瀬との初共演に「どれくらいのレベルで罵倒してくれるのか…M心がうずきますね。これもジョークです」と笑っている。

広瀬は「これまで夫婦という設定や恋人がいる役柄は演じたことがありますが、恋愛がメインのドラマは25歳にして今回が初めて。どんな作品になるのかなと期待が膨らみました。“過去に戻りたい、やり直したい”と考えるのは、誰もが1度は経験しているのではないでしょうか。私も常に思っています(笑い)」と話している。

原作は韓国の有料ケーブルテレビtvNで、18年8~9月に放送されて大ヒットした同名ドラマ。脚本は「ピュア」「僕と彼女と彼女の生きる道」などの橋部敦子氏が担当する。