W杯から1年 分析官が見た選手、監督の矜持/下

<W杯ベルギー戦から1年 悪魔の14秒その裏側(下)>

18年7月1日。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝トーナメント1回戦を翌日に控えた日本は、ベルギー攻略法を練っていた。日本サッカー協会(JFA)テクニカルハウスの片桐央視リーダー(35)ら分析チームは、ベルギーの1次リーグ3試合を攻撃10分、守備7分、セットプレー3分の映像にまとめ、パワーポイントも駆使しながら対策を提示。西野監督の訓示も含め、相手の特徴をインプットした。

その他の写真

  • 18年7月、ベルギー戦に敗れた本田はタオルで顔を拭う
前へ 1 2 次へ