沼津が主将3人体制でV狙う 菅井「本気で優勝を」

  • FacebookMessenger
  • TL

 J3参入2年目のアスルクラロ沼津が12日、沼津市内の日枝神社で必勝祈願を行った。その最中、クラブは今季の主将にMF菅井拓也(26)DF徳武正之(26)GK大西勝■(27)が就任すると発表。「主将3人体制」でリーグ制覇とJ2昇格を目指す決意を示した。

 午後2時半、参道に吉田謙監督(47)らスタッフ、全選手が勢ぞろいした。昨年の倍となる約100人のサポーターも駆けつけ、主将の1人に選ばれたMF菅井は所信表明した。

 「去年の結果(3位)は周りから見たら、よくやったと思われるかもしれませんが、今年は本気で優勝を目指しています。覚悟を持って戦います」

 昨年まではDF尾崎瑛一郎(33)が1人で主将を務めていたが、今季は3人体制で臨む。昨季、主力として活躍した3人は、年齢的にも中堅。若手とベテランをつなぐ役目も担っており、吉田監督も「苦しい時に前向きな発言、言動をしてほしい」と期待した。

 3人の主将は、今後、ピッチ内外で役割を分担しながら、チームを束ねていくという。大西が「より一層強い気持ちで臨みたい」と話せば、徳武も「協力してチームをいい方向にもっていきます」と言葉に力を込めた。【神谷亮磨】

※■はニンベンに吾

  • FacebookMessenger
  • TL