新国立競技場、五輪後はトラック撤去で球技場専用へ

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の後利用問題で政府与党などは、大会後に球技専用に変更し、陸上の国際大会ができる競技場を東京都内の他の場所に整備する方向で調整することが28日、複数の関係者への取材で分かった。都の施設である味の素スタジアム(調布市)や駒沢陸上競技場(世田谷区)などが候補に挙がっている。早ければ大型連休明けの5月中旬にも協議を始める見通し。

 新国立競技場を東京五輪・パラリンピック後に球技専用とする方向で、関係団体が具体的な協議を再開させる。2019年11月に完成予定で、五輪では開閉会式、陸上、サッカー競技で使用するが、大会後の利用については文部科学省などがワーキングチーム(WT)を設置し検討。しかし昨年9月以降、議論は大きく動いていなかった。

 大会後は民間に運営権を委譲する「コンセッション方式」を採用する見通し。関係者によると、21年以降に民間会社が運営する場合、今年中に方向性を出さなければならない。そのために5月中旬から国や東京都、実際に新国立を建築している日本スポーツ振興センター(JSC)などが、協議を始める予定。

このニュースの写真

  • 国内の3万人以上収容の主な球技専用場
前へ 1 2 次へ

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング