初戦Vの紀平梨花「練習詰める」4回転サルコー意欲

今季初戦のオータム・クラシック(カナダ・オークビル)を優勝で飾ったフィギュアスケート女子の紀平梨花(17=関大KFSC)が20日、関西空港に帰国した。

空港に降り立った紀平は「初戦からいい演技ができてよかった」と振り返った。冒頭でトリプルアクセル(3回転半)の連続ジャンプを決めるなど、安定した演技を披露したが、今季フリーで投入を目指す4回転サルコーは見送った。

「ジャパンオープンまでに、4回転の練習を詰めてしたい」と言い、10月5日のジャパンオープン(さいたまスーパーアリーナ)では、構成に4回転サルコーを組み込む意欲を見せた。