コンテンツエリア



メインコンテンツ

GⅠ 高松宮記念杯競輪

東西の日本代表がシリーズを牽引

伝統のG1「第70回高松宮記念杯」が13日から4日間の日程で大阪・岸和田競輪場で行われる。東西別の勝ち上がり方式で行われる一戦。本命は西の代表で、今年2戦のG2ウィナーズカップとG1日本選手権を連続優勝した、脇本雄太(30=福井)だ。対抗は東を代表するスピード王の新田祐大。東西のナショナルチーム勢2人が、シリーズを引っ張っていく。

無敵の脇本雄太に新田祐大が対抗

今年2走して8戦7勝、2着1回の脇本が、異次元の強さを見せて独走している。400バンクなら、1周22秒台前半で駆けてしまえば、他陣営はお手上げ。新ルールになって、残り2周前からの「暴走」が許されなくなれば、脇本にとってまさに鬼に金棒。持ち味の打鐘発進での押し切りが有望だ。

脇本にパワー勝負を挑む有力候補は西日本に偏っている。東で唯一、力勝負に持ち込めるのが新田だ。ナショナルチームの同僚で、脇本のように長い距離は踏めないが、切れ味では勝る。うまく1周勝負に持ち込めれば、勝機は十分ある。

総合力には定評ある平原康多。脇本、新田と真っ向からのパワー勝負では劣勢だが、うまく組み立てれば付け入る隙はある。

一発浮上の目があるのは郡司浩平か。強力な自力タイプが手薄な東勢だけに、持ち味のスピードまくりを発揮できれば、比較的楽に上位進出が望める。

脇本に続く西勢には、強力な自力がそろった。まず上る勢いの太田竜馬と清水裕友。この2人に松浦悠士を加えた中四国勢は一大勢力になる。また、地元で気合充実の古性優作や、昨年の覇者三谷竜生、復活の村上義弘らも圏内。実力は折り紙付きの深谷知広、底力ある中川誠一郎、山田英明の九州両者にも注目したい。



フィーチャー

ボート競輪オートコンテンツ

ミッドナイト競輪

ミッドナイト競輪・無料PDF新聞

ミッドナイト競輪の全開催で無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

ニッカン・コム杯特集

ニッカン・コム杯特集

2019年度ニッカン・コム杯特集を公開中。開催・第5弾は下関。

京王閣競輪特集

京王閣G3ゴールドカップ特集

車券作戦に役立つ情報が満載!PDF新聞の無料ダウンロードも出来ます。

京王閣競輪PDF新聞

京王閣G3無料PDF新聞

G3ゴールドカップの無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

平塚競輪PDF新聞

平塚F2無料PDF新聞

F2・DMM競輪杯の無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

飯塚オート直前予想

飯塚ミッドナイト直前レース予想

日刊スポーツ担当記者が試走終了後に直前レース予想を公開。

戸田ボート直前予想

戸田・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

浜名湖ボート直前予想

浜名湖・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

びわこボート直前予想

びわこAI予想&直前レース予想

業界初のAI予想!スタート展示終了後には担当記者の直前予想を公開。

徳山ボート直前予想

徳山・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

下関ボート直前予想

下関・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

若松ボート直前予想

若松・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

芦屋ボート直前予想

芦屋・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

ヤマコウの時は来た

日刊スポーツ評論家・山口幸二コラム

おなじみヤマコウが主要開催で注目の選手&レースを鋭く分析します。

敢闘門の向こう側

担当記者が伝える競輪日記

紙面で紹介できなかった、ちょっといい話や裏話を伝えます。

石川純のDream情報局

フリーアナウンサー石川純コラム

ボートレースに関する裏話や選手の思いなどを毎月リポートします。

毒島誠のトップギア

トップレーサー毒島誠コラム

ボートのトップレーサーが月に1回、仕事や私生活を語り尽くします。

ビューティフル・ボートレース

注目の女子ボートレーサーを紹介

毎月の更新で女子ボートレーサーのプライベートに迫ります。

愛 LOVE RACE

公営競技などの話題が満載!

担当記者がボート、競輪、地方競馬のホットな話題をお届けします。

ボートコンピ販売

ボートコンピがコンビニで買える

ボートコンピ指数が主要コンビニのコピー機から購入できます。




ボート

児島ボートSGカウントダウンコラム(5)
児島ボートSGカウントダウンコラム(5) [記事へ]





右カラム