【ヤマコウの時は来た!】

◆11R・準決 昨日取り上げた山田英明は、まくりにこだわり過ぎて郡司浩平のマイペース先行に敗れた。1番車をもらいながら後ろ攻めを選んだ時点で消極的だった。良かったころの山田は初手の位置取りでもリスクを取っていた。もう1度、原点に戻ってレースを考える時期に来ている。

考えてレースに挑んでいるのか、ノープランなのか分からないのが11Rの太田竜馬だ。「考えた通りにレースは動かないから」が理由だが、なかなか奥の深いレースを披露している。抜群の素質を持ちながらいまいち勝ちきれなかった原因は、相手に強気に来られるとひるむところだった。しかし今は相手の力を受け止め、柳のようにしなやかに走っている。なおかつ、勝負どころを逃さない。まさにSR賞がそうだった。三谷竜生のスピードが緩んだところで一気に仕掛ける。この重いバンクでよく仕掛けたと思う。どちらが王者か分からないほどのレース内容だった。

先日、太田の取材で小松島競輪場に行った時、「人見知りの人生では損することしかないと知ってから自分はそれをやめた」と言って番組を盛り上げてくれた。奥の深い言葉を連発するので、目からうろこが落ちる瞬間が何回かあった。昨年は共同通信社杯決勝や競輪祭決勝などで苦い経験をして今の組み立てにたどり着いたのだろうか。高松G3を制し、インタビューで最後に見せた涙は太田なりに苦しんできた証拠だろう。

他のラインの自力選手は隙の少ない選手ばかりだが航続距離が一番長いのは太田だ。今なら外枠も苦にしない走りを披露するだろう。(日刊スポーツ評論家・山口幸二)