最終日8R優勝戦で、鈴木清市(68=伊勢崎、写真)が通算29度目の優勝を飾った。

68歳9カ月4日での優勝は、19年10月30日に長谷川啓が記録した68歳6カ月10日を更新する最年長記録となった。

鈴木清市 何年ぶりか覚えていないけど、久しぶり(08年6月3日以来)の優勝はうれしい。試走はあまり出なかったけど、レース足が良かった。