登玉隼百(24=兵庫)が準優10Rでパワフル逃げを放ち、デビュー初優出を決めた。「ホッとしました。あまり緊張せず走ることができました」と、にっこり。

仕上がりも「伸びまで上向いて節一でしょう。優勝戦も、いいターンができれば差すことができます」と申し分ない。優勝戦は3枠。ハイパワーを生かしてデビュー初Vを目指す。