日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

インパルス仕上がり十分/京成杯AH

インパルスヒーロー(左)は3頭併せで追い切られた(撮影・酒井清司)
インパルスヒーロー(左)は3頭併せで追い切られた(撮影・酒井清司)

<京成杯AH:追い切り>

 今年も3歳馬に警戒だ-。秋競馬の開幕を告げる京成杯AH(G3、芝1600メートル、8日=中山)へ向けた最終追い切りが4日、東西トレセンで行われた。NHKマイルC2着以来のインパルスヒーロー(牡3、国枝)は美浦ウッドチップコースで併せ馬。3頭併せで遅れたが、トレーナーは仕上がりに自信を見せた。

 関東地方は不穏な空模様が続く。美浦も開門直後からたたきつけるような雨が降り、晴れれば生ぬるい風が吹く。午前6時、ヒーローが現れ、重いチップを力強く跳ね上げた。ガムラン(古馬1000万)、ヒラボクディープ(3歳オープン)を5馬身ほど後方から追走。テンから速いラップを刻み、6ハロン80秒4-66秒1-52秒3-39秒0-13秒2の時計をマークした。

 直線入り口で並びかけ、最後はいっぱいに追われて1馬身半遅れのゴール。右トウ骨の骨折明け、古馬と初対決、初の中山&右回り…、厳しい条件を前にしても、陣営の表情は明るい。「十分仕上がっているよ。リングハミでコントロールも利いている」と国枝師。騎乗した田中勝騎手は「右回りはスムーズだった。春からいい意味で変わってない」と好感触を口にした。

 精神面を落ち着かせ、成長させるルーティンが国枝厩舎にはある。追い切り前の角馬場で各馬が動かず、微動だにしない。約5~10分。「動きたい気持ちを抑えて、(スピードが)ゼロの状態から上げていくんだ。リラックスできていない馬はオロオロする」(国枝師)。騎手の騎乗時、返し馬などでトラブルをなくす工夫。5戦3勝2着2回の実戦派は1年ほど前から始まったルーティンをこの日も難なくこなして見せた。

 結果次第ではマイルCSへの参戦を予定。左回りは内にもたれる癖があり、「右回りはかえっていい。ここらでいい結果を」と指揮官はニヤリ。飛躍の秋へ向け、意気込みが伝わってきた。【木南友輔】

 [2013年9月5日8時53分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞