日本サッカー協会は30日、9月の国際親善試合「キリンチャレンジカップ2018」の日本代表メンバーを発表した。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会後初の国際Aマッチ。W杯後に就任した森保一監督(50)の初采配となるチリ戦(7日、札幌ド)とコスタリカ戦(11日、パナスタ)の2試合が行われる。そのメンバーにセレッソ大阪からは、W杯ロシア大会日本代表のMF山口蛍(27)とFW杉本健勇(25)が選出された。

山口はクラブを通じ「日本代表に選出していただきうれしく思います。新たな日本代表ができてくると思いますし、自分のポジションには若くていい選手もいますが、自分の役割を果たしたいと思います」。

ロシア大会の代表メンバーから外れた杉本は、誓った「4年後」へのスタートで同様に「日本代表に選んでいただき光栄に思います。コミュニケーションをしっかりとって、自分の力を出せるように頑張ります」とコメントした。