サッカー女子日本代表なでしこジャパンが北朝鮮と対戦するパリ五輪アジア最終予選第1戦(24日)が、中立地のサウジアラビア・ジッダで行われることが20日、決定的となった。日本サッカー協会(JFA)佐々木則夫女子委員長(65)が明らかにした。開催地に関する正式文書こそ未達ながら、この日までにアジア・サッカー連盟(AFC)から、同地開催で準備を進めるよう連絡。チームは、この日夜に千葉市内の宿舎を出発し、サウジアラビアへ向かった。試合の4日前にようやく試合地が固まるという異例の事態。DF熊谷紗希主将(33)は選手目線の思いを包み隠さず明かし、池田太監督(53)は泰然自若の構えで臨むことを強調した。

千葉市内で取材に応じた佐々木氏は「モヤモヤした状況でここまで来ましたけども…」と切り出した。AFCから、前日19日午前に中国開催案がなくなり、サウジアラビア開催で準備をするように連絡を受けた。そこからビザや20日中の出国を手配。現地には前乗りスタッフ派遣し、ホテルや練習場の確保に奔走しているという。一方で正式文書はまだ届いておらず、キックオフ時間や会場は未定のままだ。

最終予選はホームアンドアウェー方式で行われ、2試合合計の勝者がパリ五輪切符を得る。当初は第1戦が敵地の平壌開催で決まっていた。しかしJFAと北朝鮮の交渉を見守っていたAFCが、試合運営面などの問題から北朝鮮に中立国での開催を提案。中立地としてサウジアラビアを提示したが、北朝鮮側は中国での実施を希望。開催地が試合の4日前まで決まらないという前代未聞の事態に陥った。「AFCとホームであるDPRコリアさんが調整中で右往左往した状況が、これまで延びた経緯かな」。田嶋会長や宮本専務理事らも尽力し、ようやく開催のめどが立った。【佐藤成】