J1名古屋グランパスは29日、GKランゲラック(33)が右腓腹(ひふく)筋肉離れで治療期間が4~6週間と診断されたことを発表した。

28日広島戦の前半9分に相手FKをセーブしようとした際に負傷し、途中交代していた。

絶対的守護神の離脱は、チームにとっても痛手になりそうだ。