第102回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。2年ぶり14度目出場の静岡学園は、29日の1回戦で明徳義塾(高知)と対戦(埼玉・浦和駒場スタジアム、午後0時5分)。日刊スポーツ静岡版では「静岡学園 4年ぶりの全国制覇へ」と題して、チームの顔触れを連載する。

    ◇   ◇   ◇

DF泉光太郎(3年)は強気なプレーでチームを活気づける。気持ちを前面に出して戦う姿でチームを鼓舞する守備職人は「1対1では絶対に負けない自信がある」と胸を張る。

サッカーを始めた小学校からMFだったが、高校入学後にサイドバックにコンバート。全国屈指の技術集団の一員となり「甘くはなかった」と実感した。経験のないポジションでゼロからのスタートを切った泉は「最初はポジショニングがわからず苦労の連続でした」。仲間と質の高いレベルで練習を重ねた結果、3年の春には定位置をつかんだ。プレミアリーグは開幕から8戦フル出場し、6月の県総体優勝にも貢献した。

その後、ケガを負い出場機会を失うも直近2試合に途中出場。復調の兆しを見せる泉は「選手権は子供の頃からの憧れ。出場するチャンスをもらえたら、DFとして成長した姿を見せたい」と力を込めた。

 

◆泉光太郎(いずみ・こうたろう)2005年(平17)6月8日、大阪府生まれ。小3から中河内トレセンでサッカーを始め、中学時代は大阪府トレセンでプレー。家族は両親、姉。168センチ、62キロ。右利き。血液型B。