第102回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。2年ぶり14度目出場の静岡学園は、29日の1回戦で明徳義塾(高知)と対戦(埼玉・浦和駒場スタジアム、午後0時5分)。日刊スポーツ静岡版では「静岡学園 4年ぶりの全国制覇へ」と題して、チームの顔触れを連載する。

   ◇   ◇   ◇

DF吉村美海(よしうみ、3年)は左サイドの番人になる。中学までは守備的なボランチが本職。高校1年時に左サイドバックにコンバートされた。持ち味は「1対1で抜かれないこと」。170センチと小柄だが、対人の強さには自信を持っている。守備時に意識するのは相手との間合いで、タイミングを見計らいながらボールを奪いきる。自陣での局面の勝負では負けるつもりはない。

中学3年時に練習参加した雰囲気に刺激を受け、同校への入学を決めた。吉村は「本当に技術が高くて。ここで自分も成長したいと思った」と名門の門をたたいた。2年時まではBチーム。代替わりした今年1月の新人戦からレギュラーをつかむと、定位置を確保している。全国では「まずはディフェンスなので失点ゼロが目標。バランスを見ながら攻める自分の特徴を出したい」と意気込んだ。【神谷亮磨】

◆吉村美海(よしむら・よしうみ)2005年(平17)6月22日、大阪府生まれ。小1から岩田FCでサッカーを始め、中学時代は大阪ジュネスFCでプレー。家族は両親、兄、姉。170センチ、61キロ。右利き。血液型O。