W杯ドイツ戦で世界的に注目された、ある日本人サポーターの勤務先が明らかになり、再び話題になっている。国際サッカー連盟(FIFA)のW杯公式ツイッターが23日、ドーハのハリファ国際競技場で、日の丸の旗と紙を笑顔で掲げる男性の写真をツイート。紙には英語で「私のボスへ 2週間の休暇をありがとう!」と、上司への感謝が手書きされていた。

この投稿に世界中からさまざまな反応があり、「あなたが働いてる会社を教えて」「彼の上司は賢明な決断をした」「あなたの上司は新しい従業員を必要としていますか?」「彼はとても幸運な人」など多くのコメントが寄せられ、「いいね」も26日午前時点で、14万件を超えている。

25日になって、NTT東日本の公式ツイッターが、この写真を引用しつつ反応。英語で「Please enjoy your vacation and the World Cup! From your boss」(休暇とワールドカップを楽しんでください! 上司から)とハートマーク付きのメッセージを投稿した。

これにも「休暇にもかかわらず所属企業のイメージUPに貢献してしまいましたねw」「素直にサッカー見に行くって言える職場の雰囲気が羨ましい!」「企業イメージ上がるし、Win-Winですね」「こんな素敵なボスが実在するのか」などと、コメントが相次いでいる。